メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

デイで「働き」やりがい 高齢者が有償ボランティア 厚労省の事務連絡追い風に

まな板などに削りをかける京都市西院老人デイサービスセンターの利用者ら=京都市右京区で、野口由紀撮影

 京都市西院老人デイサービスセンター(京都市右京区)で、高齢の利用者が有償で働くことを通じ、社会参加を目指す取り組みが始まった。

 西院デイサービスの利用者は今年8月から、京都市中京区のセレクトショップ「mumokuteki 京都店」で販売する木製のまな板とカッティングボードの製作の最終工程に携わっている。先月、施設を取材した日には70代から90代の女性6人が「出勤簿」に押印して活動を開始。真剣な表情で木にやすりをかけ続ける。作業をした海老愛子さん(90)は「削っているうちに愛着がわく。作業に集中する間は腰の痛みも忘れる」と笑顔を見せた。

 デイサービスで利用者は運動や歌唱などを楽しむことが多い。センターの河本歩美所長(46)は「利用者が…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文800文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです