メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

外国人材拡大、閣議決定 与党内にも懸念

政府が目指す外国人労働者受け入れ拡大の枠組み

 政府は2日、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた在留資格新設を柱とする入管法▽法務省入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする法務省設置法--の改正案を閣議決定した。来年4月の新制度開始を想定し、臨時国会での成立を目指す。受け入れ業種やその規模、日本人の雇用への影響などが不明確だとして与党内にも懸念の声があり、野党も「実質的な移民政策への転換」「時期尚早」などと批判を強めている。審議は曲折も予想される。

 菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で「少子高齢化、人口減少が進み、人手不足が深刻化する中、外国人材…

この記事は有料記事です。

残り1339文字(全文1593文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです