メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥取

希少ヘラサギ4羽、同時に飛来

米子水鳥公園に飛来したヘラサギ=米子市彦名新田で2018年11月1日午前8時1分、桐原俊介さん撮影(同公園提供)

 鳥取県米子市彦名新田の米子水鳥公園に1日、希少種のヘラサギ(トキ科)4羽が飛来した。翼の先端が白い成鳥1羽と翼の先端に黒色部がある若鳥2羽、年齢不明の1羽で、同公園の桐原佳介主任指導員(45)が午前7時50分ごろ、相次いで飛来したのを確認した。

 例年、西日本を中心に数十羽の飛来が確認され、水鳥公園にもほぼ毎年飛来しているが、4羽同時は初めてという。桐原さんは「園内で越冬する例と休息して越冬地へ向かう例があり、いつまで観察できるのか分からない」と話す。【横井信洋】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
  3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
  4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  5. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです