メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

芸術

逆さまの風景と昔の写真 市井の人の歴史浮き彫りに

Inner landscapes, Ruth, Turku, 2011 (C)marja pirilä

 逆さまになった窓の外の風景が、壁一面に映し出される。その部屋の中で、一人の歴史を浮き彫りにする--。カメラ・オブスキュラと呼ばれる技法を使ったポートレートを撮っているフィンランドの写真家、マルヤ・ピリラさんと、写真を使った陶器の作品を製作している日本のユニット、Satoko Sai + Tomoko Kuraharaが2009年にフィンランドで始めたプロジェクト「Inner Landscapes(インナー・ランドスケープス)」が、第2弾の撮影を東京で進めている。写真、映像、陶芸を使って市井の人の歴史を視覚化する、その手法とは。【中嶋真希】

 東京の下町、台東区入谷にある古い公民館の一室。ピリラさんが黒いビニールで部屋を覆い、メガネのレンズ…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです