メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

難病FOP進行抑制の物質発見 仕組み解明の可能性

 筋肉や腱などの中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」について、京都大iPS細胞研究所などの研究グループは、病気の進行を抑える効果がある物質を発見したと発表した。発症の仕組みの解明などにつながる可能性があるという。

 論文が2日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載された。

 FOPは外傷や感染による炎症による刺激で骨化が急激に進むとされるが、刺激がなくても骨化が進む場合がある。詳しい発症メカニズムは不…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 非接触で商品受け取り 「新様式」イオン開業 埼玉・上尾に4日

  2. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  3. 降灰対策に本腰 富士山大噴火想定 回収方法など検討 山梨・富士吉田市

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです