メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大

難病FOP進行抑制の物質発見 仕組み解明の可能性

 筋肉や腱などの中に骨ができる難病「進行性骨化性線維異形成症(FOP)」について、京都大iPS細胞研究所などの研究グループは、病気の進行を抑える効果がある物質を発見したと発表した。発症の仕組みの解明などにつながる可能性があるという。

 論文が2日、米科学誌「ステム・セル・リポーツ」電子版に掲載された。

 FOPは外傷や感染による炎症による刺激で骨化が急激に進むとされるが、刺激がなくても骨化が進む場合がある。詳しい発症メカニズムは不…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです