メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古工事再開

政権に怒り 「寄り添う」何だったのか

米軍キャンプ・シュワブのゲート前で工事再開に反対する県民ら=沖縄県名護市辺野古で2018年11月1日午前9時55分、佐野格撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設に向け、政府が1日、2カ月ぶりに工事の再開に踏み切った。「『県民に寄り添う』という言葉は何だったのか」。9月の知事選で改めて示された沖縄の民意を一顧だにしない安倍政権に対し、移設計画に反対する市民が陸からも海からも怒りの声を上げた。

 辺野古沿岸部の埋め立て予定海域周辺では1日朝から、立ち入り禁止区域を示すフロート(浮き具)の設置作業が進められた。海上保安庁が警戒に当たる中、カヌーや船に乗った人たちが抗議した。

 「工事をやめろ」と声を張り上げた名護市の桑城孝朗さん(45)は「安倍晋三首相の『県民に寄り添う』と…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  2. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです