プレミアム商品券

2万5000円分を2万円で購入を検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 来年10月の消費税率10%への引き上げに伴う経済対策の「プレミアム付き商品券」について、政府・与党が額面2万5000円分の商品券を2万円で購入できる仕組みを検討していることが1日、明らかになった。政府が差額分の5000円を補助する。購入できるのは、所得が低い世帯に限る方向だ。

 プレミアム付き商品券は、税率8%への引き上げ後の2014年末の経済対策にも盛り込まれた。この際は発行する自治体が独自に上乗せ率などを決め、上乗せ率の平均は約23%だった。今回は政府が費用を負担し、上乗せ率を25%とする方向で調整。自治体が…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集