リコール

スバルが41万台 業績予想下方修正も公表遅れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
スバルの不正をめぐる動き
スバルの不正をめぐる動き

 SUBARU(スバル)は1日、部品の不具合で走行中にエンジンが停止するおそれがあるとして、国内外で計41万台のリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。10月23日に「品質関連費用の計上を主要因」として業績予想を下方修正していながら、内容の公表が遅れた。同社は昨秋以降、燃費・排ガス検査などでの不正が相次いで発覚しており、経営層の説明責任も問われそうだ。

 不具合があったのは「バルブスプリング」と呼ばれるエンジンのばね部品で、走行中に大きな負荷がかかると、破損してエンジンを停止させるおそれがある。国内のリコール対象は「インプレッサ」や「フォレスター」のほか、トヨタ自動車に供給する「86(ハチロク)」を含む計4車種の約10万台(2012年1月17日~13年9月30日製造)。輸出相手国の当局にもリコールを届け出る。同社には12年4月以降、国内だけでも9…

この記事は有料記事です。

残り602文字(全文981文字)

あわせて読みたい

注目の特集