メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーゴーカレー

後継者難の全国名店を公募 味守りたい

記者会見した(左から)ゴーゴーカレーグループの宮森宏和代表取締役、ホットハウスの五十嵐憲治さん、ビズリーチの南壮一郎社長=東京都渋谷区で2018年11月1日、ビズリーチ提供

 全国73店舗を展開する金沢カレーのチェーン店「ゴーゴーカレーグループ」(東京都千代田区、宮森宏和代表取締役)は1日、後継者不足に悩む全国のカレーの名店を公募すると発表した。応募のあった店を同社が審査、個別交渉で継承するかどうかを判断する。公募には、転職支援サイト「ビズリーチ」(東京都渋谷区、南壮一郎社長)のオンライン新サービスを利用する。宮森氏は「おいしいカレーの名店を引き継ぎ、その味を広めたい」と事業承継を呼びかけた。

 ゴーゴーカレーグループは2017年、石川県で最も歴史のあるインド料理店と言われる「ホットハウス」(…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  2. 政府、新型肺炎を「指定感染症」に 28日にも武漢チャーター機 茂木外相「現地に560人」

  3. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです