メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
蜂屋遺跡

法隆寺と同型の瓦見つかる 厩戸皇子と関係か

蜂屋遺跡で見つかった忍冬文単弁蓮華文軒丸瓦=滋賀県栗東市で2018年10月29日、望月亮一撮影

 滋賀県教委は1日、同県栗東市の蜂屋遺跡で、法隆寺(奈良県斑鳩町)の創建時の遺構「若草伽藍(がらん)」と中宮寺跡(同町)で出土したものと大きさや文様が全く同一の瓦が、全国で初めて見つかったと発表した。7世紀後半の飛鳥時代に両寺と密接な関係を持つ寺院が、栗東にあったとみられる。両寺とも厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子)と縁が深く、県教委は地方への仏教文化の広がりを探るうえで重要な発見としている。

 見つかった2点の瓦は「忍冬文単弁蓮華文軒丸瓦(にんどうもんたんべんれんげもんのきまるがわら)」。

この記事は有料記事です。

残り848文字(全文1095文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  5. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです