メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

メガソーラーに環境アセス導入へ

 太陽光発電所の建設で住民トラブルが相次いでいるため、環境省は1日、100ヘクタール以上の大規模発電所(メガソーラー)については環境影響評価(アセスメント)法に基づくアセス対象にする方針を明らかにした。出力では3万~4万キロワット以上となる見込み。政令を改正し、2020年からの導入を目指す。

 この日の同省有識者検討会で方針が示され、了承された。

 国が新たに環境アセス対象にする理由は近年、企業などのメガソーラー建設に伴い、反対運動が各地で続いて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体操 世界選手権 内村、代表入り消滅 種目別予選回避で
  2. 白い野生パンダを初めて撮影 中国・四川省
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです