メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者雇用

自治体釈明 環境整備追いつかず

 障害者の雇用を巡り、門戸を狭める不適切な応募条件が全国の32都府県で設けられていることが毎日新聞の取材で明らかになった。多くの自治体は受け入れ態勢の不備を理由に挙げるが、障害者団体は「募集の段階で障害者を選別している」と是正を求めている。

 「自力での通勤」「介護者なしで業務」の条件を設けた時期はさまざまだったが、理由については「他県を参考にしたのだろう」と推測にとどまる回答がほとんどだった。多くの自治体の担当者は「職場環境の整備などが追いつかず、やむを得ない」との認識を口にした。

 東京都や徳島県などは家族らの同伴は認めているが、「自力通勤」を条件に課している。都の担当者は「介助…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文1005文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです