メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(12)殴り合いから40年の付き合いに 高橋伴明監督インタビュー

「若ちゃん(若松孝二監督)が、1976年に俺を映画監督として再デビューさせてくれた恩義は感じている。盆暮れの届け物は最後まで欠かさなかったよ」と話す高橋伴明監督=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第12回は、若松孝二監督同様、ピンク映画から監督人生をスタートさせた高橋伴明監督のインタビューをお届けする。実際の銀行強盗立てこもり事件を題材にした話題作「TATOO<刺青>あり」(1982年)を撮った高橋さんだが、実生活でも若松監督との出会いは酒瓶での激しい殴り合いから始まった。40年に及ぶ付き合いは、付かず離れず「損得抜き」の関係が続き、「分家」として若松プロへ「上納金」を払っていたという。まさに若松プロ内部からは聞くことのできない別の若松孝二の像が浮かび上がった。全国公開中の「止められるか、俺たちを」がまた違った視点で見られそうだ。【鈴木隆】

この記事は有料記事です。

残り3932文字(全文4225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです