メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(12)殴り合いから40年の付き合いに 高橋伴明監督インタビュー

「若ちゃん(若松孝二監督)が、1976年に俺を映画監督として再デビューさせてくれた恩義は感じている。盆暮れの届け物は最後まで欠かさなかったよ」と話す高橋伴明監督=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第12回は、若松孝二監督同様、ピンク映画から監督人生をスタートさせた高橋伴明監督のインタビューをお届けする。実際の銀行強盗立てこもり事件を題材にした話題作「TATOO<刺青>あり」(1982年)を撮った高橋さんだが、実生活でも若松監督との出会いは酒瓶での激しい殴り合いから始まった。40年に及ぶ付き合いは、付かず離れず「損得抜き」の関係が続き、「分家」として若松プロへ「上納金」を払っていたという。まさに若松プロ内部からは聞くことのできない別の若松孝二の像が浮かび上がった。全国公開中の「止められるか、俺たちを」がまた違った視点で見られそうだ。【鈴木隆】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」
  5. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです