メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若松孝二とその時代

(12)殴り合いから40年の付き合いに 高橋伴明監督インタビュー

「若ちゃん(若松孝二監督)が、1976年に俺を映画監督として再デビューさせてくれた恩義は感じている。盆暮れの届け物は最後まで欠かさなかったよ」と話す高橋伴明監督=鈴木隆撮影

 連載企画「若松孝二とその時代」第12回は、若松孝二監督同様、ピンク映画から監督人生をスタートさせた高橋伴明監督のインタビューをお届けする。実際の銀行強盗立てこもり事件を題材にした話題作「TATOO<刺青>あり」(1982年)を撮った高橋さんだが、実生活でも若松監督との出会いは酒瓶での激しい殴り合いから始まった。40年に及ぶ付き合いは、付かず離れず「損得抜き」の関係が続き、「分家」として若松プロへ「上納金」を払っていたという。まさに若松プロ内部からは聞くことのできない別の若松孝二の像が浮かび上がった。全国公開中の「止められるか、俺たちを」がまた違った視点で見られそうだ。【鈴木隆】

 --若松孝二監督と知り合ったのはいつごろですか。

 72年の初監督のピンク映画「婦女暴行脱走犯」を作ったころだった。ただ、その前から、若松プロのメンバーで助監督のガイラ(小水一男さん)や(「止められるか、俺たちを」主人公のモデルとなった吉積)恵、足立(正生)さんのことは知っていた。実際に若チャン(若松監督)と会ったのは、彼がパレスチナから戻ってきた後だった。俺のことも分かっていて、自分のところ(若松プロ)の助監督と付き合いがあることも知っていた。

この記事は有料記事です。

残り3707文字(全文4225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです