メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

ロンドンで、大阪で…通行人騒然!? コブクロが史上最大のストリートライブに挑む!

<プロフィル>ともに1977年生まれ(小渕健太郎/宮崎県出身。黒田俊介/大阪府出身)の41歳。ストリートライブ活動を通じて出会い1998年コブクロを結成。2001年「YELL~エール/Bell」でメジャーデビュー。2005年「ここにしか咲かない花」「桜」が大ヒットを記録し、年末のNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。2006年に出した初のベスト・アルバムはオリコン4週連続1位を獲得。以降も第49回日本レコード大賞ほか多数受賞するなど大活躍を続けている。取材ディレクターいわく「小渕さんはとことん追求する性格でストイック、一見強面の黒田さんは実はめちゃめちゃチャーミングで面白い方。お二人のストリートライブは感動モノでカメラを回しながら震えました!」

[PR]

 インディーズ時代から抜群の歌唱力や音楽性で幅広い世代の支持を集め、今年、結成20周年を迎えた男性デュオのコブクロがドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、11月4日夜11時~11時半)に登場する。

     今から20年前、大阪ミナミの路上で別々に歌っていた小渕健太郎、黒田俊介の二人が意気投合して生まれた「コブクロ」。「YELL~エール/Bell」「桜」「未来」などの名曲を次々と世に送り出し、今や日本の音楽界を代表する男性デュオとして大活躍中なのは皆が知るところだ。

     番組では今年9月8日、結成20周年の記念日に二人が原点である大阪・天王寺の路上で敢行したシークレットライブから取材をスタート。思い出の地である戎橋や当時よく食べていたハンバーガーショップなどを訪れ、当時のこと、今思うことについて語り合う二人を見つめる。

     また、「どうせやるならロンドンのど真ん中で!」という黒田の一言で、アルバム制作で訪れたイギリスの街中での打ち合わせ無し、海外初のガチンコストリートライブの模様にも密着した。最初は5メートルほど離れて聞いていた通行人たちが次第に円を描くように二人を取り囲み出し、最後には大歓声と拍手喝采が沸き起こる様子は、鳥肌が立つ程のど迫力だ。

     更に11月4日放送当日に大阪で行われるイベント「御堂筋ランウェイ」で、史上最大のストリートライブに挑む様子もいち早くお伝えする。

     今や押しも押されもせぬトップミュージシャンとなった二人だが、これまでテレビでは見せたことが無いというプライベートな姿もたっぷりお届けするのでどうぞお楽しみに。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

    2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

    3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

    4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

    5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです