メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレスリリース

ギブス・アンフィビアンズがドーハのMilipol Qatar 2018に参加、ハムディンガを出展(共同通信PRワイヤー)

情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

ギブス・アンフィビアンズがドーハのMilipol Qatar 2018に参加、ハムディンガを出展

AsiaNet 76065 (2016)

【ドーハ(カタール)2018年11月1日PR Newswire=共同通信JBN】ギブス・アンフィビアンズ(Gibbs:Gibbs Amphibians)は今週、Milipol Qatar 2018に出展した。ギブスは、最近のカタールでのデモンストレーションに続き、同社の高速水陸両用車ハムディンガ(Humdinga)を同社の展示場で展示した。

(Photo:https://mma.prnewswire.com/media/778360/Gibbs_Humdinga_Milipol_Qatar_2018_1.jpg
(Photo:https://mma.prnewswire.com/media/778361/Gibbs_Humdinga_Milipol_Qatar_2018_2.jpg
(Photo:https://mma.prnewswire.com/media/778362/Gibbs_Humdinga_Milipol_Qatar_2018_3.jpg

Milipol Qatar(ミリポール・カタール)は、今年12回目を迎えた中東の国土安全保障・民間防衛に特化した主要な国際展示会である。今回はまた、これまでで最大かつ最も興味深いMilipolショーでもあった。フランスに本拠を置くComexposium Securityと提携し、カタール内務省が組織、主催したMilipol Qatar 2018は、10月29日から31日までDoha Exhibition and Convention Center(DECC)で開催された。今回初めて、同展示会は民間防衛展示会と会議を合体させた。

ギブス・アンフィビアンズは、英国(ヌニートン)とニュージーランドに拠点を構え、両国のエンジニアと専門技術を活用して高速水陸両用車(HSA)技術とこれに沿って設計された車両の開発を続けている。ギブスの努力は、世界中の高速水陸両用車技術に関する400以上の特許と申請中の特許、8台の車両、数多くの技術革新をもたらした。これらの成果は、ギブスを高速水陸両用車技術の世界的リーダーに押し上げた。

ギブス・ハムディンガ(Gibbs Humdinga)は、ギブスが開発したより頑丈な車両の1つで、オフロードおよび水上の両方で使用可能である。乗車定員は9人で、中央にある運転席がギブスの特徴をなし、最大積載量は1トンである。最高時速は水上で40マイル、陸上で80マイル以上で、4WDとギブスが特許を持つ双発のウォータージェットを搭載している。これがハムディンガを柔軟なプラットフォームにしており、ロジスティックスから探査やレスキューまで、また警察パトロールから私的なレジャーまで、数多くのアプリケーションをサポートすることが可能である。世界の他の地域ではライセンスの下で製造されているが、現在一般向け、またはこの地域では販売されていない。

▽ギブス・アンフィビアンズについて
Gibbs Amphibians Ltd.(ギブス・アンフィビアンズ)は、陸上で標準速度を達成するとともに水上で時速30マイルを超え、ボタン一つで5秒以内に水陸の切り替えができる完全公認の車を史上初めて開発した。工学専門分野のイノベーションとユーザーフレンドリーな技術という、この独自の組み合わせにより、ギブスは高速水陸両用車の世界的権威として首位に立った。

株式非公開で、英国を拠点とし、アラン・ギブスとニール・ジェンキンスが共同設立した同社は、1994年から高速水陸両用車(HSA)技術を開発している。以来、これまでの記録を塗り替え、受賞に輝くアクアダ(Aquada)、有名なクアッドスキー(Quadski)、頑丈なハムディンガ(Humdinga)など、様々な用途の3mから10m超の車を8種類以上開発してきた。

ハムディンガは4WD(四駆)、全長7メートル、堅固なオフロード・水上性能を備えている高速水陸両用車である。3から9シートというコンフィギュレーションに応じて積載重量は最大1000kgで、ギブスの特徴として中央に運転席がある。車輪とギブス独自の双発ウォータージェットの駆動にはV8ディーゼルエンジンを使用し、水上で時速40マイル、路上では時速80マイルを超え、同様の環境にアクセスできる数少ないビークルの1つであるヘリコプターよりも環境に優しい。

ギブス、その技術、および同社が生み出したすべての車両の詳細については、以下のウェブサイトを参照。http://www.gibbsamphibians.com

▽Milipol Qatarについて
1996年に設立されたMilipol Qatarは、カタール内務省とフランスに本拠を置くComexposium Securityにより創設され、組織された国土安全保障に特化したトレードイベントである。

2年ごとのイベントであるMilipol Qatarは、世界の公安・産業セキュリティー分野で最大級の企業をドーハに集めている。これらの企業は、セキュリティー、安全、検知・捜査、予防機器およびシステムの分野における最新の製品およびサービスのイノベーションを展示紹介している。

2018年からMilipol Qatarは、民間防衛会議と展示会を合体させ、Global Security and Safety Event(グローバルなセキュリティー・安全イベント)になった。

30年以上にわたりブランドは国土安全保障分野をカバーする高級な国際イベントの代名詞となっている。MILIPOLは、Milipol Paris、Milipol Qatar、そして最近ではMilipol Asia-Pacificにより堂々と代表されてきた。

これは、国土安全保障のためのソリューション、テクノロジー、イノベーションに特化した世界をリードする国際的なイベントのネットワークを効果的に作り出している。

Milipol Qatarに関する詳細情報は以下のウェブサイトを参照。
https://m-en.milipolqatar.com

ソース:Gibbs Amphibians



情報提供:共同通信PRワイヤー

プレスリリースページの情報について

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 2歳娘「ママーおちるー」病院ベッドで泣き叫んだ 大津園児死傷事故1カ月
  5. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです