メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高橋竹山

津軽の魂弾く 三味線の名人没後20年 ドキュメンタリー映画、きょうから県内先行上映 /青森

 津軽三味線の名人・高橋竹山(1910~98年)の没後20年となる今年、その足跡や故郷・津軽の風景をたどるドキュメンタリー映画「津軽のカマリ」が3日から県内で先行上映される。製作した大西功一監督(53)は「竹山は音楽の原風景を背負う人。忘れてはいけない天才音楽家の姿を改めて認識してほしい」と話している。

 竹山は平内町の農家に生まれた。幼少時にはしかをこじらせて視力をほぼ失い、14歳から三味線と唄を習っ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです