メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高橋竹山

津軽の魂弾く 三味線の名人没後20年 ドキュメンタリー映画、きょうから県内先行上映 /青森

 津軽三味線の名人・高橋竹山(1910~98年)の没後20年となる今年、その足跡や故郷・津軽の風景をたどるドキュメンタリー映画「津軽のカマリ」が3日から県内で先行上映される。製作した大西功一監督(53)は「竹山は音楽の原風景を背負う人。忘れてはいけない天才音楽家の姿を改めて認識してほしい」と話している。

 竹山は平内町の農家に生まれた。幼少時にはしかをこじらせて視力をほぼ失い、14歳から三味線と唄を習っ…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです