メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海第2原発

再稼働 「事前了解、拒否権の側面も」 新安全協定、水戸市長が見解 /茨城

 水戸市の高橋靖市長は2日、毎日新聞のインタビューに応じ、日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働に対する「実質的な事前了解権」について、「明文化されていないが拒否権の側面もある」と述べた。6市村が今年3月に原電と結んだ新安全協定に盛り込まれた「実質的な事前了解権」は、中身が明文化されておらず、各自治体の「拒否権」の有無を巡って首長間の認識が分かれている。【吉田卓矢、太田圭介、佐藤則夫】

 原電が県と東海村と結んでいた従来の安全協定は「事前に了解を得るものとする」と明記する一方、新安全協…

この記事は有料記事です。

残り733文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  3. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  4. 私だけの東京・2020に語り継ぐ 漫画家・清野とおるさん 「ダメでいい」赤羽の深さ

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです