メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県予選会 都大路かけ、あす号砲 /愛知

[PR]

 男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会県予選会(県・県教委・県高体連・愛知陸上競技協会主催、毎日新聞社・知多市・同市教委後援、知多署・知多三四会協力)は4日、知多市緑町の知多運動公園陸上競技場を発着点に行われる。

 女子は午前11時、男子は同11時40分にスタート。優勝校は、12月23日に京都・都大路で開催する全国大会に出場し、上位6校は11月25日の東海大会(知多市)に出場する。女子は、全国大会が第30回記念大会のため、東海大会で各県代表を除く最高順位となれば、全国大会への出場権が与えられる。

 女子は昨年より3校多い62校が、男子は昨年より7校少ない79校が参加。男子は7区間計42・195キロ、女子は5区間計21・0975キロを走る。【高井瞳】

男子 豊川と愛知、一騎打ちか

 男子は4連覇を狙う豊川と、愛知の一騎打ちとなりそうだ。豊川は今年の全国総合体育大会(インターハイ)1500メートルで4位に入賞した柳本匡哉選手(2年)や、昨年の都大路6区で区間2位の走りを見せた鈴木竜太郎選手(同)などがそろい、層が厚い。

 愛知は今年のインターハイ1500メートルで決勝に進出した中倉啓敦選手(3年)や近藤亨選手(同)などスピード能力が高い選手が集まる。このほか、中部大第一や、岡崎城西、愛知黎明などが追う。

女子 光ケ丘を追う豊川

 女子は、2連覇を目指す光ケ丘女子を豊川が追う展開が予想される。光ケ丘女子は、今年のインターハイ3000メートルと1500メートルで決勝に進出した藤中佑美選手(3年)を中心に、昨年の都大路を経験した山本有真選手(同)や稲吉椿選手(同)をそろえ、万全の布陣で臨む。

 昨年、最終5区で光ケ丘女子に逆転を許した豊川は今年から平沢元章監督が就任。昨年のメンバーが全員残っており、雪辱に燃える。

ご協力のお願い

 予選会が行われる知多運動公園陸上競技場と周辺道路では、午前10時から午後3時ごろにかけて、交通規制のため一時的に混雑や渋滞が予想されます。西知多産業道路(国道155号)を利用する運転手の皆様は、朝倉インターチェンジを避け、他のインターをご利用くださいますようお願い申し上げます。

 朝倉インター下(男子第4中継所付近)での応援は控えてください。コースが狭く、一般車両に多大な迷惑をかけており、また大変危険です。沿道の方々、運転手の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。また選手たちへの温かいご声援をお願い申し上げます。毎日新聞社

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  3. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  4. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです