メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹後海陸交通

丹海バス、市営佐濃南線から撤退 運転手不足が深刻化 京丹後 /京都

 丹後海陸交通(本社・与謝野町)は、京丹後市営佐濃南線(久美浜町尉ケ畑-京都丹後鉄道久美浜駅)の路線バス運行を今年度で撤退する。丹海バスの運転手不足により、人員確保ができないため。京丹後市と丹海バスは2006年度以降、「200円バス」の共同運行(9路線)で利用者を増やし全国的にも注目されてきた。丹海バスの市営バス路線からの撤退は初めて。市は路線全体の再編も含めて検討せざるをえないとしている。

 1日の市地域公共交通会議で撤退が了承された。市は来年度から別の業者に委託し、市のスクールバスを運行させる予定で、従来通りの便数(1日3・5往復)は確保すると説明している。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文603文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡・大濠公園にイノシシ 警官ら大捕物、逃走後「御用」に

  2. 芸能人のPCR検査早い理由「今後番組で話します」 志らくさんが陰性報告

  3. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  4. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  5. 緊急事態、愛知県が独自宣言 6~24日 不要不急の県境移動自粛を要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです