メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

編集室から 面接の中で

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 学ぶ・育つ・挑む>

 最寄り駅の売店で「往復はがきください」と言いました。店の若いお兄さんはキョトン。聞こえなかったのかと、もう一度「往復はがきを」と言いました。お兄さん、困った様子です。そしてセンパイ店員に「オウフクはがきって?」と聞きました。「往復はがき」を知らなかったのです。センパイが「これ」と冷静に教えるのを見て、この事態、珍しいことではないのだと思いました。

 先日食事に入った店で「ノンアルコールビール1本」と注文したときのこと。遅いなと思い、見てみると、ビール瓶を前に、若い女性店員が首をひねっています。手には「缶切り」。先輩ヘルプ!

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです