メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

ハザードマップ表記統一 県主導の見直し提言 災害検証委 /岡山

 西日本豪雨における県の初動対応や防災対策について調べる県災害検証委員会の第3回会合が2日、岡山市北区であった。委員たちは、市町村ごとに表記が異なるハザードマップの統一に向けて、県主導で見直しを進めるといった案を提言した。

 ハザードマップは、水防法などで市町村ごとの作成が義務付けられているが、形式や表記は決まっていない。この日の会合では、複数の市町村にまたがる河川について共通のハザードマップの作成や、表記などの統一化の必要性を指摘する声が出た。また、県が豪雨発…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです