メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋の叙勲

県内から66人 /香川

「いろんな人に助けられた」と国鉄やJR西、JR四国時代を振り返る元JR四国会長の梅原利之さん=高松市のJR四国本社で、植松晃一撮影

 秋の叙勲の受章者が発表され、県内在住の66人(うち女性10人)が選ばれた。発令は3日。(敬称略、年齢は発令日現在。中綬章以上は特集面に掲載)

元JR四国会長 梅原利之さん(79) 高速化、観光開発に尽力 旭日重光章

 「身に余る光栄で、支えてくれた上司や部下のおかげ」と喜ぶ。

 1961年に旧国鉄に就職。分割民営化を経てJR西の常務鉄道本部長だった95年、神戸市の自宅で阪神大震災に遭遇した。鉄道網復旧に尽力した翌年、JR四国の専務に。「中学の修学旅行以来」という四国で働くことになった。

 当時、瀬戸大橋開通(88年)によるにぎわいは陰っていた。そこで鉄道輸送の高速化や観光開発などに力を…

この記事は有料記事です。

残り1714文字(全文2007文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです