メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追悼特別展「高倉健」を見て

紹介映像で新たな発見も 船津和義さん(69)=長崎市 /長崎

 1949年生まれ。東京での学生時代、新宿の映画館で見た「昭和残〓伝」シリーズが忘れられません。安保闘争に背を向けた青春時代は健さん一色。「鉄道員」などなじみの薄い作品も短い紹介映像で楽しめ、新しい発見もありました。入り口すぐの壁いっぱいに複数の映画が映し出された空間は、しばらく動けませんでした。

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです