宿毛フェリー

全乗組員15人解雇 役員連絡とれず 運航再開は未定 /大分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 燃料費高騰のため運休している佐伯市と高知県宿毛市を結ぶ宿毛フェリー(本社・宿毛市)が、船長や甲板員ら全乗組員15人を解雇していたことが分かった。宿毛市によると、県外にいる役員と連絡がとれておらず、運航再開は未定のまま。同市は「航路存続の会社の意向の確認を進めたい」としている。

 市によると、同社の従業員は陸上4人、海上の乗組員15人の計1…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

ニュース特集