メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

外国人材、初年度4万人想定 法案閣議決定

受け入れが検討される14業種

 外国人労働者の受け入れ拡大のため、政府は2日の閣議で新在留資格「特定技能」を創設する入管法改正案と、法務省入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする法務省設置法改正案を決定し、臨時国会に提出した。山下貴司法相は閣議後記者会見で「人手不足が深刻化して経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきている」と述べ、今国会での成立と来年4月の施行を目指す考えを示した。また、政府関係者への取材で、初年度に受け入れる人数を最大約4万人と見込んでいることが新たに判明した。

 特定技能は(1)一定の知識・経験を要する業務に就く「1号」(通算5年まで、家族帯同不可)(2)熟練…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

  4. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  5. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです