メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田純平さん

「紛争地の取材必要」 拘束の経緯説明

記者会見する安田純平さん=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月2日、長谷川直亮撮影

 内戦中のシリアで武装勢力に拘束され3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が2日、東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見した。安田さんは「みなさんにおわびするとともに、深く感謝申し上げたい」と言って頭を下げた。紛争地取材を続けるかどうかは「白紙」とする一方、「(国家が武力を行使する場合)国民がそれで良いのかと判断する材料は絶対に必要だ。地球上で紛争が起きている場所があれば、見に行くジャーナリストの存在は必要だ」と語った。

 先月25日に帰国した後、記者会見するのは初めて。「可能な限り説明するのが私の責任だ」と、拘束の経緯…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文859文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです