メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イラン原油禁輸 日本は適用除外 「一時的措置」

 米国がイラン産原油の禁輸を各国に求めている問題で、米国は日本を原油禁輸措置の適用国から外し、制裁対象とはしない意向を日本側に伝えた。ポンペオ国務長官は2日、記者団に、除外は「あくまで一時的措置」と説明。適用除外となった国はいずれも「イランからの原油輸入を近い将来なくすか、劇的に削減することを約束した」と語り、米政府の当初方針を変えたものではないことを強調した。

 米国は5日にイラン産原油の禁輸制裁を発動する方針で、他国にも禁輸を求めてきた。ポンペオ氏は8カ国・地域に対して適用除外にすると明かした。正式発表前であることから、具体的な国名は示さなかったが、日本政府関係者によると、米国から事前に日本が含まれていると連絡があったという。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです