メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

外国人材拡大 急ごしらえ新制度

【上】政府が目指す外国人労働者受け入れ拡大の枠組み【下】受け入れに向けた今後の主な課題

 外国人労働者受け入れ拡大に向けた入管法などの改正案は臨時国会に提出され、8日にも審議が始まる見通しだ。これまで認めてこなかった事実上の単純労働を含む分野での受け入れを解禁する内容で、成立すれば日本社会は大きな転換を迎えることになる。産業界からは歓迎する声が上がるが、与党内にも保守派を中心に慎重論がくすぶる。野党は制度設計の不十分な点を追及する構えだ。

この記事は有料記事です。

残り2026文字(全文2203文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです