衆院予算委

四たび「立法府の長」 首相誤答弁 議場嘆きの声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は2日の衆院予算委員会で、「私が今ここに立っているのは、『立法府の長』として立っているわけだ」と答弁し、直後に「行政府の長」と言い直した。首相が国会で自身を「立法府の長」と言い間違えるのは2007年5月、16年4、5月に続き少なくとも4回目。今回は議場の「あー」という嘆声で気付いてすぐ…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

あわせて読みたい

注目の特集