メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住宅ローン減税

公明税調会長「延長を」 消費増税対策で

2019年度税制改正について語る公明党税制調査会の西田実仁会長=東京都千代田区永田町で2018年11月2日、岡大介撮影

 公明党税制調査会の西田実仁会長は2日、毎日新聞などのインタビューに応じ、2019年度税制改正で、住宅ローンの残高に応じて減税する「住宅ローン減税」の減税期間について、現行の10年から5年程度の延長を目指す考えを示した。来年10月の消費税率の10%への引き上げによる需要の落ち込みを抑えるのが狙い。

 西田氏は、消費増税対策として「大きな耐久財である住宅と自動車で(需要の)落ち込みが起きない税制にしたい」と語った。住宅ローン減税は、毎年ローン残高に応じて最大50万円を所得税などから10年間差し引く制度。西田氏は、減税期間を5年程度…

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文666文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 新型コロナ最多66人の北海道は集団感染も 知事「思い切った対策」外出自粛に踏み込む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです