メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
日立化成

不正横行 「品質モラル失墜」 対象製品、売上高の1割

一部製品で不適切な検査を行っていたことについて記者会見する日立化成の丸山寿社長(手前)=東京都中央区で2018年11月2日午後5時41分、渡部直樹撮影

 日立製作所グループの化学メーカー、日立化成による検査不正問題は、国内全7事業所が関わる事態に発展し、出荷先も延べ約2400社に上るなど影響は広がりを見せている。不正の背景には、昨秋以降の国内大手企業で相次ぐ品質問題と同様、品質よりも納期を優先する企業風土や改ざんなどを可能にする品質管理体制の不備などがあったと見られる。安全性や性能に問題はないとするものの、信頼回復への道のりは険しい。【横山三加子、柳沢亮、松本尚也】

 「個人の問題ではなく、会社として甘えた文化があったと思う。製品の品質に対する過信から、検査をないがしろにする安易な感覚がまん延し、品質保証に関するモラルが失墜していた」。東京都内で記者会見した丸山寿社長は神妙な面持ちで、検査不正が広がった要因を述べた。

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです