メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/92 第二話 姑の墓=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

 丘のてっぺん、丸太の階段の最後の一段では、お母ちゃんとお恵とお花の三人が肩をくっつけて並んで手を繋(つな)ぎ、

「そぉら!」

 声を揃(そろ)えて、一緒に足を踏み出した。

 誰が最初なのでもない。誰のせいでもない。かがり屋の女三人が、同時に古いしきたりを破ったのだ。

 丘の頂上は平らで、村の各家ごとに柵で仕切られた墓所が、うらうらと陽(ひ)ざしを浴びていた。桜や杏(あんず)や桃や梅の木に混じって、樫(かし)や橡(くぬぎ)の木も生えている。そうした緑の木々が憩いの日陰をつくり、花木はのびのびと枝を伸ばして、今が盛りと咲き誇っていた。

 かがり屋の女三人は、初めてそこから見おろす春爛漫(らんまん)の下界の眺めに、ひととき、言葉を失った…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです