メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメ小説・今月の推し!

現代の悪意 戦後生き抜く

 相場英雄という作家は、時代をリアルタイムに描き出すため、生すぎないかと危ぶむほど紙一重の設定をすることも辞さない。『血の雫(しずく)』(新潮社)は腰が据わっている。今回あぶりだすものの一つはインターネット社会の悪意。もう一つはネタバレになるので言及できないが、それこそがこの小説の核心であり、作家の覚悟のほどを見せつける。不条理に傷つけられた人の逆襲を徹底したエンターテインメントに昇華した。

 25歳のモデル、45歳のタクシー運転手、子供の見守り隊を務める老人が被害にあう連続殺人事件が発生す…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです