特集

東日本大震災

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

特集一覧

東日本大震災

被災地の移動支援ピンチ 石巻のNPO

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
車いすの利用者を安全に車から降ろすレラの男性メンバー(右)=宮城県石巻市で、本橋敦子撮影
車いすの利用者を安全に車から降ろすレラの男性メンバー(右)=宮城県石巻市で、本橋敦子撮影

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻地域で、震災直後から被災者らの移動を支援し続けてきたNPO法人「Rera(レラ)」(事務局・石巻市)が活動存続のために奔走している。震災から7年半が経過し、運営費と人手不足で来年度の計画が見通せないからだ。同法人代表の村島弘子さんは「高齢化が進む今後、移動手段の確保は誰にとっても課題。自分のこととして考えてほしい」と応援を呼びかける。【本橋敦子】

 「これで、寒いバス停でお父さんを待たせなくて済む」。10月、初めてレラを利用した、同県女川町の災害公営住宅に住む女性(71)はそう目を細めた。震災後に前立腺がんと診断された夫(81)に付き添い、週に1回、JRとバスを乗り継いで石巻市の日本赤十字病院へ通う。バスに1本乗り遅れれば次のバスが来るのは1時間後。片道約8000円かかるタクシーを毎回使うことは難しい。「レラの存在は本当にありがたい」と話す…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文869文字)

【東日本大震災】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集