メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災地の移動支援ピンチ 石巻のNPO

車いすの利用者を安全に車から降ろすレラの男性メンバー(右)=宮城県石巻市で、本橋敦子撮影

 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻地域で、震災直後から被災者らの移動を支援し続けてきたNPO法人「Rera(レラ)」(事務局・石巻市)が活動存続のために奔走している。震災から7年半が経過し、運営費と人手不足で来年度の計画が見通せないからだ。同法人代表の村島弘子さんは「高齢化が進む今後、移動手段の確保は誰にとっても課題。自分のこととして考えてほしい」と応援を呼びかける。【本橋敦子】

 「これで、寒いバス停でお父さんを待たせなくて済む」。10月、初めてレラを利用した、同県女川町の災害…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 恵方巻きの廃棄削減を 農水省、節分を前に各社に要請

  4. ライフスタイル ゴミ分別が徹底された結果、ゴミが街に溢れた!? イタリアのゴミ事情はこんな感じ(GetNavi web)

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです