器物損壊

高瀬川彫刻割られる ハロウィーン夜に破壊か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
接着剤で修復された江藤佳央琉さんの作品。台座に江藤さんのメッセージが貼られている=京都市中京区で2018年11月2日、大東祐紀撮影
接着剤で修復された江藤佳央琉さんの作品。台座に江藤さんのメッセージが貼られている=京都市中京区で2018年11月2日、大東祐紀撮影

 京都市中京区の高瀬川に期間限定で展示中の彫刻作品の上部が割られていたことが分かった。台座から落とされたとみられ、制作者らが2日朝、器物損壊被害として中京署に相談した。先月30日には異常がなく、1日昼ごろに制作者の友人が気付いたといい、ハロウィーンの31日夜に破壊された可能性もある。

 先月28日から今月9日まで高瀬川の三条-四条間で開催中の京都高瀬川彫刻展(京都アートカウンシル主催)に、京都彫刻家協会の前会長・江藤佳央琉さん(63)=京都市=が出品した重さ約60キロの…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

あわせて読みたい

注目の特集