メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都御所

「高御座」の裏側 今だけ公開

高御座がないためよく見渡せる紫宸殿の「賢聖障子」=京都市上京区の京都御所で2018年11月2日、中津川甫撮影

 京都御所(京都市上京区)で通常は非公開の障壁画などを見られる「京都御所 宮廷文化の紹介」が5日まで開かれている。紫宸殿では来年の「即位礼正殿の儀」で使われる天皇の座「高御座(たかみくら)」を東京に移したため裏側にある古代中国の賢人32人を描いた「賢聖障子(けんじょうのしょうじ)」を見渡すことができる。

 賢聖障子には太公望や諸葛亮、張良、仲山甫など中国の殷(いん)から唐までの時代に活躍した賢人が並ぶ。中央には獅子や狛(こま)犬、「負文亀(ふぶんき)」が描かれている。天子を支える名臣の図は平安期から紫宸殿で描かれてきた伝統的な絵画という。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです