メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

栃木・足尾

在来野菜「唐風呂大根」と「舟石芋」 後世に

唐風呂大根と舟石芋の栽培に挑戦する長沢美佳さん(左)と支援する久保田公雄さん=栃木県日光市足尾町で、花野井誠撮影

 栃木県日光市足尾地域で活動する地域おこし協力隊の長沢美佳さん(39)が、希少な足尾の在来野菜「唐風呂(からふろ)大根」と「舟石(ふないし)芋」の栽培に挑戦し、実りの秋を迎えた。長沢さんは「在来野菜は生きた文化財。足尾の活気につながるよう後世に伝えたい」と話している。【花野井誠】

 唐風呂大根は足尾の唐風呂地域で受け継がれ、赤紫色の皮が特徴。唐風呂地域で栽培すると表面が赤く色づくが、他の土地では色づかないという。

 舟石芋は標高約1000メートルに位置する舟石峠周辺で栽培されてきたジャガイモ。俵形でうまみが濃く、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです