メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入管法改正案

外国人就労、初年度4万人想定 国会提出

受け入れが検討される14業種

 外国人労働者の受け入れ拡大のため、政府は2日の閣議で新在留資格「特定技能」を創設する入管法改正案と、法務省入国管理局を「出入国在留管理庁」に格上げする法務省設置法改正案を決定し、臨時国会に提出した。山下貴司法相は閣議後記者会見で「人手不足が深刻化して経済・社会基盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきている」と述べ、今国会での成立と来年4月の施行を目指す考えを示した。また、政府関係者への取材で、初年度に受け入れる人数を最大約4万人と見込んでいることが新たに判明した。

 特定技能は(1)一定の知識・経験を要する業務に就く「1号」(通算5年まで、家族帯同不可)(2)熟練…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文959文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです