メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日立化成

「品質モラル失墜」国内全7事業所関わる事態に

一部製品の不適切な検査を行っていた問題で、記者会見の冒頭、謝罪する日立化成の丸山寿社長(中央)=東京都中央区で2018年11月2日、渡部直樹撮影

 日立製作所グループの化学メーカー、日立化成による検査不正問題は、同社の国内全7事業所が関わる事態に発展し、出荷先も延べ約2400社に上るなど影響は広がりを見せている。不正の背景には、昨秋以降の国内大手企業で相次ぐ品質問題と同様、品質よりも納期を優先する企業風土や改ざんなどを可能にする品質管理体制の不備などがあったと見られる。安全性や性能に問題はないとするものの、信頼回復への道のりは険しい。

 「個人の問題ではなく、会社として甘えた文化があったと思う。製品の品質に対する過信から、検査をないが…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1248文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. ORICON NEWS 島耕作、会長退任で相談役就任 「役職は永遠のネタ」とネット上話題

  5. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです