メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

築城基地所属

空自機接触、機体一部損傷 操縦士けがなく

訓練後に接触した航空自衛隊のF2戦闘機の1機。垂直尾翼の上部の後ろ側が欠けている=航空自衛隊提供

 2日午後3時55分ごろ、航空自衛隊築城(ついき)基地(福岡県築上町など)所属のF2戦闘機2機が同基地の西約200キロの洋上で訓練後に接触し、機体の一部が損傷した。2機は緊急事態を宣言し、午後4時半ごろまでに自力で基地に戻り、緊急着陸した。操縦士にけがはなく、周辺の被害も確認されていない。空自は調査官を派遣し、原因を調べている。

 空自によると、2機は1人乗りで、2日午後2時55分ごろに築城基地を離陸。長崎沖の訓練空域で他の2機…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです