メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳川美術館

源氏物語絵巻を修復公開 83年ぶり巻物に

内覧会で報道陣に公開された保存修理を終え額面装から巻物装になった国宝「源氏物語絵巻」(写真は関屋・絵合)=名古屋市東区の徳川美術館で2018年11月2日、兵藤公治撮影

 徳川美術館(名古屋市)は2日、所蔵する日本最古の「源氏物語絵巻」(国宝指定)を後世まで保存するため絵巻物の状態に修復したと発表した。絵の具の剥落や紙の傷みが激しく1932~35年に額面に改装したが、制作当時の平安時代の雰囲気を伝えようと、絵と詞書(ことばがき)を一体にして83年ぶりに巻物に仕立て直した。3日から開催される特別展「源氏物語の世界-王朝の恋物語-」(12月16日まで)で一般公開する。

 公開されるのは、「関屋・絵合(えあわせ)」「柏木(一)」「竹河(二)」など7巻。絵一場面ごとにその場面を説明する詞書とセットで1巻の巻物にした。人間国宝の北村昭斎、室瀬和美両氏が分担して作成した。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです