安田純平さん

「自己責任論」をどうみるか 英仏韓メディアに聞く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する安田純平さん=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月2日午前11時12分、長谷川直亮撮影
記者会見する安田純平さん=東京都千代田区の日本記者クラブで2018年11月2日午前11時12分、長谷川直亮撮影

 内戦中のシリアで武装勢力に拘束され3年4カ月ぶりに解放されたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が危険を知りながら紛争地に入ったことに対して、インターネット上で批判が起こり「日本に迷惑かけるな」「殺されても文句は言えない」などの言葉がツイッターに並んだ。大手海外メディアの東京支局長、特派員として日本を取材する3人に今回の「自己責任論」をどうみるか尋ねた。【川上珠実、銭場裕司】

この記事は有料記事です。

残り1565文字(全文1758文字)

あわせて読みたい

注目の特集