メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

旭川市長選 きょう告示 異なる庁舎新築方針 現新一騎打ちか /北海道

 任期満了に伴う旭川市長選が4日に告示、11日に投開票される。4選を目指す無所属現職の西川将人氏(49)と同新人、元衆院議員秘書の今津寛介氏(41)による一騎打ちとなる可能性が高い。4回連続で国政の与野党対決の構図となりそうだが、耐震性が著しく低い現市庁舎の新築方針を巡る立場が異なるほかは公約に大きな違いが見られず、市政の継続か刷新かが最大の争点に。両陣営は政策論争の盛り上げに苦心している。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 河井案里参院議員、救急搬送 薬を多量に服用

  5. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです