メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

県大会 男子・那須拓陽、女子・白鴎大足利V /栃木

 男子第71回・女子第33回県高校駅伝競走大会(県高校体育連盟、栃木陸上競技協会、県教育委員会、毎日新聞社主催)が3日、佐野市運動公園周回コース(男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロ)であり、男子は21チーム、女子は15チームが出場した。男子は那須拓陽が最終7区で逆転し、3年ぶり9回目の優勝。女子は白鴎大足利が後半で2位以下を引き離し、5年連続5回目の優勝を果たした。両校は12月23日に京都市で開かれる全国高校駅伝への出場権を手にした。那須拓陽は3年ぶり9回目、白鴎大足利は5年連続5回目。男女の上位各6校は、11月18日に埼玉県熊谷市で行われる関東大会に出場する。【野田樹、萩原桂菜】

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. 全契約調査開始 日本郵便 かんぽ生命不正で 「丸投げ姿勢」現場不満

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです