メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

五輪・パラ競技体験会主催 都築則彦さん(24) /千葉

 スケールの大きいものに憧れがあった。2020年東京五輪・パラリンピック開催が決まった翌年、障害者スポーツの体験会などを主催する学生団体「おりがみ」を発足させた。それから4年3カ月。当時は6人だったメンバーは37大学の169人に増え、活動に確かな手応えを感じている。

 東京開催が決まったのは地元の予備校に通っていた浪人生時代。高揚感が抑えられなかった。千葉大入学後の14年に団体を結成。当初はどう活動すべきか分からず、都内でのゴミ拾いから始めた。「五輪と関係ある?」と距離を置く仲間もいた。試行錯誤を経て16年5月、大学で初めてゴールボールとブラインドサッカーの体験会を開催。予想以上の反響があり、活動の軸になった。

 大会に向けた取り組みを学ぼうと特別支援学校を訪ねたこともある。教員から「スポーツよりもまずは生きるための体力を付けないといけない」と言われた。「障害の種類や程度によって大会に関われない人もいる。ひとくくりにできない」と気づいた。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです