メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

五輪・パラ競技体験会主催 都築則彦さん(24) /千葉

多くの経験重ね、後世に

 スケールの大きいものに憧れがあった。2020年東京五輪・パラリンピック開催が決まった翌年、障害者スポーツの体験会などを主催する学生団体「おりがみ」を発足させた。それから4年3カ月。当時は6人だったメンバーは37大学の169人に増え、活動に確かな手応えを感じている。

 東京開催が決まったのは地元の予備校に通っていた浪人生時代。高揚感が抑えられなかった。千葉大入学後の14年に団体を結成。当初はどう活動すべきか分からず、都内でのゴミ拾いから始めた。「五輪と関係ある?」と距離を置く仲間もいた。試行錯誤を経て16年5月、大学で初めてゴールボールとブラインドサッカーの体験会を開催。予想以上の反響があり、活動の軸になった。

 大会に向けた取り組みを学ぼうと特別支援学校を訪ねたこともある。教員から「スポーツよりもまずは生きる…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  5. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです