メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

五輪・パラ競技体験会主催 都築則彦さん(24) /千葉

多くの経験重ね、後世に

 スケールの大きいものに憧れがあった。2020年東京五輪・パラリンピック開催が決まった翌年、障害者スポーツの体験会などを主催する学生団体「おりがみ」を発足させた。それから4年3カ月。当時は6人だったメンバーは37大学の169人に増え、活動に確かな手応えを感じている。

 東京開催が決まったのは地元の予備校に通っていた浪人生時代。高揚感が抑えられなかった。千葉大入学後の14年に団体を結成。当初はどう活動すべきか分からず、都内でのゴミ拾いから始めた。「五輪と関係ある?」と距離を置く仲間もいた。試行錯誤を経て16年5月、大学で初めてゴールボールとブラインドサッカーの体験会を開催。予想以上の反響があり、活動の軸になった。

 大会に向けた取り組みを学ぼうと特別支援学校を訪ねたこともある。教員から「スポーツよりもまずは生きるための体力を付けないといけない」と言われた。「障害の種類や程度によって大会に関われない人もいる。ひとくくりにできない」と気づいた。

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです