メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・ちば

五輪・パラ競技体験会主催 都築則彦さん(24) /千葉

多くの経験重ね、後世に

 スケールの大きいものに憧れがあった。2020年東京五輪・パラリンピック開催が決まった翌年、障害者スポーツの体験会などを主催する学生団体「おりがみ」を発足させた。それから4年3カ月。当時は6人だったメンバーは37大学の169人に増え、活動に確かな手応えを感じている。

 東京開催が決まったのは地元の予備校に通っていた浪人生時代。高揚感が抑えられなかった。千葉大入学後の14年に団体を結成。当初はどう活動すべきか分からず、都内でのゴミ拾いから始めた。「五輪と関係ある?」と距離を置く仲間もいた。試行錯誤を経て16年5月、大学で初めてゴールボールとブラインドサッカーの体験会を開催。予想以上の反響があり、活動の軸になった。

 大会に向けた取り組みを学ぼうと特別支援学校を訪ねたこともある。教員から「スポーツよりもまずは生きる…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文810文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです