特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-久保利明王将 第19局の1

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

芸術家と革命家

 A級順位戦4回戦。名人への挑戦をかけた戦いは折り返し点が近い。豊島将之王位が無敗で首位を走り、羽生善治竜王、広瀬章人八段、三浦弘行九段の3者が1敗で追う。

 本局は1勝2敗同士の対決だ。佐藤は日本将棋連盟の会長を務め、東奔西走の忙しい日々を送っている。他の追随を許さない独創的な将棋を得意とし、斬新な戦法を生み出してきた。対する久保は振り飛車御三家の一人で「さばきのアーティスト」。2015年から棋士会副会長を務めている。過去60度の対戦があり、佐藤の34勝26敗。61度目の顔合わせとなる本局は佐藤が大阪に遠征しての対局となった。

 対局室・御下段の間に佐藤が先に姿を見せた。膨らんだコンビニ袋からお茶、炭酸水、乳酸菌飲料を次々と並べていく。続いて小箱から取り出したのは紫綬褒章受章記念に作られた、森内俊之九段との連名扇子だ。ほどなく久保が上座につき、黒扇を手元に置くと、一礼して駒箱を開けた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文898文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集