特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋季近畿地区高校野球大会

智弁和歌山、決勝逃す 明石商にコールド負け /和歌山

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【明石商-智弁和歌山】二回裏智弁和歌山無死、根来が左翼線に二塁打を放つ=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影 拡大
【明石商-智弁和歌山】二回裏智弁和歌山無死、根来が左翼線に二塁打を放つ=神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で、砂押健太撮影

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高野連主催、兵庫県高野連主管)は第5日の3日、神戸市須磨区のほっともっとフィールド神戸で準決勝2試合があった。第1試合は龍谷大平安(京都3位)が主軸の本塁打などで履正社(大阪1位)に七回コールド勝ち。第2試合は序盤に大量リードを奪った明石商(兵庫1位)が智弁和歌山(和歌山1位)を五回コールドで降した。龍谷大平安は5年ぶり、明石商は初の決勝進出。両校の決勝は4日正午。【黒詰拓也、米山淳、砂押健太】

 ▽準決勝

明石商   17013=12

智弁和歌山 00000=0

 (五回コールド)

 明石商は二回、2死一、二塁から来田、水上が連続本塁打を放つと、さらに後続の4連打で加点し、この回7点を挙げた。四、五回にも溝尾や重宮らの適時打で着実に点差を広げた。智弁和歌山は二、三、四回に得点圏に走者を進めたが、後続が凡退した。

履正社

  0000000=0

  0040201=7

龍谷大平安

 (七回コールド)

 (履)植木、清水-野口

 (龍)野澤-多田

▽本塁打 奥村、水谷(龍)

▽三塁打 野澤(龍)

 龍谷大平安は三回、北村の右前適時打で先制。さらに2死一、二塁から奥村の左越え本塁打で3点を奪い、流れをつかんだ。五回に水谷の2点本塁打、七回に押し出しで加点し、試合を決めた。履正社は序盤に相手の失策で得た好機を得点につなげられなかった。


4投手、かみ合わず

 智弁和歌山はマウンドに立った4投手がいずれも相手打線の勢いを止めることができず、苦い敗戦となった。

 先発したのは近畿大会初マウンドの山本雄太投手(2年)。大会前の練習試合では好調だったが、この日は違った。一回に先制を許すと、二回には2四球などで自ら招いたピンチに3ランを浴びた。続く打者にも本塁打を打たれ降板。「捕手の構えた所に投げきれなかった」と肩を落とせば、東妻純平捕手(2年)も「抑えるべき場面でストライクが入らなかった。うまくかみ合わなかった」と唇をかんだ。

 救援した小林樹斗(1年)ら3投手も粘りを見せる相手打者に対してストライクを投げ続けることができず、失点を重ねた。

 今後も見据え、投手陣のレベルアップは急務だ。中谷仁監督は「後手に回ってしまい力不足だった。足りない部分を突きつけられた」とさらなる奮起を誓った。【砂押健太】

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする