メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

真備住民懇談会 市長、復興支援を説明 きょう、10日も開催 /岡山

 7月の西日本豪雨で甚大な浸水被害が発生した倉敷市真備町地区の復興計画策定に向けた市と地区住民の復興懇談会が3日、真備保健福祉会館(同市真備町箭田)で初めて開かれた。懇談会は町内のブロックごとに開催し、この日は同町の二万と岡田の住民らが対象。4日と10日にも同所で行われる。

 二万の住民ら対象の懇談会では、伊東香織…

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです