メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
香川の発明くふう展

知事賞に高松工芸高3年・山田さんら3人 入賞23作品決まる /香川

香川の発明くふう展で県知事賞を受けとる小山和輝さん(右から2人目)ら=高松市林町で、小川和久撮影

 小学生から高校生までのアイデアあふれる発明品を集めた「第74回香川の発明くふう展」(県発明協会など主催、県産業教育振興会共催、毎日新聞高松支局など後援)の入賞作品23点が決まった。最高賞の知事賞には、高松工芸高校3年の山田雄大さん、小山和輝さん、小寺悠介さんの「トイレスキュー」が輝いた。

 76点の応募の中から、県発明協会が委嘱した16人が入賞作品を選んだ。応募作品は高松市上林町の「大西・アオイ記念館」で6日~17日に展示。入賞作品は「第77回全日本学生児童発明くふう展」に推薦される。【小川和久】

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1032文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです