メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

残留産廃で県、綾川の民間施設で焼却へ /香川

 豊島(土庄町)で今年に入って新たに見つかった約610トンの産業廃棄物について、県は3日、綾川町の民間施設で焼却処理する方針を示し、高松市で開かれた専門家による「豊島廃棄物等処理事業フォローアップ委員会」(委員長=永田勝也・早大名誉教授)で承認された。産廃発見から9カ月あまりで、ようやく処理方法が固まった。

 産廃汚泥やドラム缶を定期フェリーで搬出し、綾川町の「富士クリーン」で処理。燃えかすは直島町の「三菱…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文404文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです